ゲームについていろいろ考えるとこ

ゲームについて考えます。最近はDestinyの考察など

ゲームはスポーツ?ゲーム依存とか一連の議論について思うこと

意見表明というかなんというか

 ある討論番組を見ました。基本的に時事ネタを扱うのですが、今回見たものではeスポーツが扱われ、それを受け入れられるか否かというような討論に発展。この番組は結構好きなのですが、今回だけはちょっとイライラしました。ゲームに批判的な意見をいくつか例示した上で私の考えを書いてみます。

 

「ゲームはスポーツではない」

言葉の定義を持ち出してもあんまり意味ないでしょうから、それはしないことにします。

まず一般的にスポーツというと野球やサッカーを思い浮かべると思います。スポーツというとやはり肉体を使って運動するという要素が不可欠だと思います。

最近は競技性の高いゲームをeスポーツと呼びます。 エレクトロニック・スポーツの略で、直訳すると電子スポーツ?サイバーパンクですね。

頑固な人は「スポーツは汗をかきながらやるものだ!」と言います。確かにそうです。殆どの場合、ビデオゲームに肉体的な運動は必要ありません。

しかし競技性は高い。これは否定しようがない。オーバーウォッチを例に取ると、個別に役割が決まったキャラクターを使い、チームでそれぞれの役割をこなすように務め、チームを勝利に導くために奮闘します。十分にスポーツ性はあるように思います。

これはゲーマーの中でも意見が分かれるようですね。スポーツだと言われればそういう側面もあると思うし、スポーツだと認定しきれない面もある。

個人的にはゲームはゲームでええやん と思います。理由については最後に描くことにします。

 

「悪い意味で依存性がある」

 確かにあるとは思います。

今回の討論番組で見られた意見に変なのがありました

「観客が多いとは言うけどゲームには依存性があるからのめり込んでしまう」

みたいな意見でした。プレイする分には依存性が関わってくることはあると思うが、観る分にはスポーツと同じですよね?何を言っているのでしょうか

依存性に関して、ソシャゲのようなゲームの皮を被った金を搾取するシステムの事を言っているならそれはギャンブル依存と同じなので、ゲームと混同しないでほしい

殆どの場合は依存するのは別の原因があると思います。私も休日はゲームしかやっていないが、別に無くても生きていける。長時間ゲームやる人の殆どは「他に楽しいことが無いから」が理由だと思います。本当に依存して栄養失調になるレベルの人も少数だろうがいる。

そこは問題なので、WHOのゲーム障害のように疾病認定されるのは仕方ない。だからってゲームの規制は絶対にしてほしくないです。殆どの場合依存する原因はゲームの外にあります。ソシャゲはゲームではありません。アレはギャンブル依存と同じ問題です。

 

「文化的でない」

ボールを蹴ったり相手を投げ飛ばしたりする競技が文化的?長い間競技として認められてプレイされてきたという意味でしょうか。柔道なんかは精神性が大事だし文化に結びついてるとは思いますが、サッカーはどうなんでしょう。精神性とか文化的意味はどれほどあるのか聞いたことはありません。

であればゲームの歴史はPONGが最初で1972年からで、そろそろ50年になるから歴史が浅いわけではない。PONGもまた対戦ゲームであったので今の対戦ゲームが競技と認められる事は十分伝統的だし文化的と言えるのでは無いでしょうか。

ゲームはもはや文化です。認めてください。

 

「コミュニティが浅い」

これについては言ってる人が無知なだけです。一緒にDestiny2のレイドやろうや

 ゲーマーのコミュニティはすごいですよ。例えば攻略サイトはゲーマーの有志で成り立ちます。「この技とあの技の組み合わせが強いよ!」「ここをこうすればショートカットできるよ!」と見ず知らずの他人が攻略法を教えてくれます。

私はDestinyをよくやっているのであのコミュニティを引き合いに出すことにします。

クランでは初心者に優しいです。初見の人がいたら皆が率先してギミックを教え「この役割ならやりやすいからまずこれやって慣れると良いよ」とか、初心者が失敗して申し訳なさそうにしてると「難しいからしょうがないね、回数積んで慣れていこう」とか言うんですよ。協力して問題解決します。しょーもない会話をしながら楽しくゲームをします。

一方少年野球ではコーチが怒鳴り散らしている姿を地元でよく見ました。スポーツって怖いんですね。

ゲーマーのコミュニティについてはこの記事を観るとよく分かります

www.gamespark.jp

 

「暴力的で悪影響が出る」

 バッハ会長へのフェンシングに関する反論は有名ですね。

確かに銃で打ち合い相手が死ぬという描写はあります。

では柔道は人を投げ飛ばします。フェンシングこそ人に剣を突き立てています。同じ理由で規制したほうが良いのではないでしょうか。

海外ドラマで捜査官の格好いい銃撃戦のシーンを見て「俺も銃撃戦で人を殺したい!」となるんでしょうか。なぜゲームだけ悪影響だと言われるのか本当に理解できません。

 

ゲームはゲームでいい

 私の意見表明です。ゲームにも確かにスポーツ性はあります。ですがゲームはゲームでええやんと思います。

何故か

上記のような議論は最近よく見られます。オリンピック競技にするなんて話が上がり、テレビや有名人がよくこの問題について言及するようになりました。

基本的にゲーム批判をする人はゲームをやりません。そのスポーツ性やコミュニティのつながりについて何も知らない人です。

eスポーツに関する議論が広がると、そういう層にまでゲームが広く認知されることになります。彼らは無知でバカなので、「ゲームは悪影響だから表現規制をしたほうが良い」なんてことを言い出します。

なので

ゲームはゲームで良い

ゲームはゲーマー同士で発展し、社会の中でドメスティックに盛り上がってほしい

広く認知されるとバカな層に規制とか言われ、またゲーム脳なんてデマが流布される事にもなりかねません。

 

つまらない社会に安息地を見つけたと思うと、ゲームをやらない社会の人間がこの世界を壊すことになりかねないからです。私がゲームはスポーツじゃなくていいと思うのは、こういう議論をするとそういう層の目にとまるからです。

 

以上しがないゲーマーの叫びでした